BILBO

HOME

写真課 フード キンニクシェフ 「目」で味わえる料理を作り、多くの人に「ごちそうさま」の笑顔をお届けしています。
写真課 フードコーディネーターの仕事 ビルボのフードコーディネーターの仕事は大半が撮影の被写体としての料理を作ることです。本来五感で味わう料理を、視覚だけに訴える難しい仕事ですが、料理を通じて大勢の方に笑顔の「ごちそうさま」をお届けできる最高の仕事です。
インタビュー
ビルボの魅力
かれこれ10年近くビルボにお世話になっていますが、大勢の個性的な面々との出会いが自分を大きく成長させてくれたことは間違いありません。とくに写真にこだわりのあるデザイナー達との出会いは自分のキャパシティーを大きく広げてくれました。
今後の目標・展望
静止画像の見た目だけで美味しさを伝える為、またクライアントやデザイナーの「こうしたい」を形にする為に、これまで沢山の料理に工夫とアイデアを盛り込み、それらに助けられてきました。今後もそのように不可能を一つずつ可能にしていきたいと思います。
メッセージ
例えばオムレツの撮影のためにはオムレツを焼かなければなりません。焼けなければ、うまく焼けるまで焼き続けるしかありません。けれど、そうして何十個と焼いた末に被写体となりうる出来栄えにたどり着いたときの喜びは、何物にも代え難いものです。
他の先輩を見る