たくさんのご応募ありがとうございました!



第1回 ビルボ絵本大賞応募概要

ビルボ絵本大賞概要
主催 株式会社ビルボ
運営 株式会社メディア・エーシー
目的 絵本作家の原石発掘と新たな絵本の出版を目指し、
長く読み継がれる絵本を後世に残すことを目的とします。
テーマ 冒険
参加費 無料 ※ただし、応募にかかる諸経費は応募者の負担とします。
賞および特典 ・大賞(1作品)………特製プレート、賞金100万円、書籍化
・優秀賞(2作品)……特製プレート、賞金25万円
・佳作(1作品)………賞金10万円
※大賞作品は絵本として出版し、所定の印税をお支払いいたします。
※大賞作品は英語等に翻訳して、インターネット上で視聴できるようにします。
※各賞とも該当なしの場合もあります。
選考委員 ・画家、イラストレーター
  
ささめやゆき
・絵本作家、翻訳家
  
石津ちひろ
・こどもの本コーディネーター
  
さわださちこ
・株式会社コッコ・サン
  
代表取締役 森本ちか
・株式会社ビルボ
  
代表取締役社長 武内正文
・株式会社ビルボ
  
取締役副社長 武内優樹
〈一次選考〉
   
認定NPO法人 高知こどもの図書館

【選考委員プロフィール】

ささめやゆき
1943年東京生まれ。版画、イラストレーション、装画、絵本の分野で多くの作品を発表。「ガドルフの百合」(偕成社)で小学館絵画賞、「あしたうちにねこがくるの」(講談社)で日本絵本賞、「彼岸花はきつねのかんざし」(学習研究社)で赤い鳥さし絵賞を受賞。作品に「マルスさんとマダムマルス」(原生林)、「幻燈サーカス」(BL出版)、「はだかのカエルとはだしのライオン」(講談社)など多数。国内外で個展を開くなど活動の幅は広い。

石津ちひろ
1953年愛媛県生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒業。3年間のフランス滞在を経て、絵本作家、詩人、翻訳家として活躍中。「なぞなぞのたび」(フレーベル館)でボローニャ児童図書展絵本賞、「あしたうちにねこがくるの」(講談社)で日本絵本賞、「あしたのあたしはあたらしいあたし」(理論社)で三越左千夫少年詩賞を受賞。翻訳の作品に「あおのじかん」(岩波書店)、「リサとガスパール」シリーズ(ブロンズ新社)など多数。

さわださちこ
幼稚園勤務、書店員などの仕事を経て、町の小さな書店さんをディスプレイする「猫の手お助け隊」の活動や、絵本イベントの企画などをしている。著書に「猫を愛する人のための猫絵本ガイド」(講談社)、「ちょっとの時間で魅力UP!!本棚のディスプレイ」(全国学校図書館協議会)、絵本に「はなちゃんとぷーさんのおみせやさん」(大島妙子・絵、小峰書店)、「あ、あ!」(偕成社)などがある。

応 募 概 要
応募資格 ・プロ、アマ、年齢、性別、職業は問いません。
・受賞後、作品の修正に応じ、協力して絵本制作をしていただけること。
・未成年者は保護者の同意が必要です。
応募規定 ・子どもたちに向けた絵本であれば、彩色、画材など画法は自由です。
・自作、未発表で、第三者の著作権を侵害していない作品に限ります。
他の公募展に応募した作品、自費出版、ネット上での公開を含め、すでに発表されている作品は応募できません。
・お一人で複数の応募も可能です。
・共著、共作、グループでの応募が可能です。
・応募作品は審査後、作品展で展示させて頂きます。
応募期間 2018年9月3日(月)~2018年12月12日(水)17:00必着
選考方法 1次選考、2次選考、最終選考にて受賞作品を決定します。
発表 ビルボ絵本大賞のホームページにて発表します。
※受賞者には2019年2月28日(木)までにお電話にてお知らせいたします。
表彰式 2019年4月(予定)
最終審査の
提出方法
最終審査は、原画で行います。原画の郵送をお願いする作品については、電話でお知らせします。
作品の返却 第1次選考でお送りいただいた作品(コピー)は返却しません。
作品展後、速やかに廃棄いたします。最終選考でお送りいただいた原画は終了後、着払いで返却いたします。

問い合わせ先 株式会社メディア・エーシー
TEL:088-879-0355(平日10:00~17:00)